PMSの具体的な症状とその対策について

PMSは女性ホルモンのバランスが関係していると言われています。
特に排卵期や生理前は女性ホルモンのバランスが崩れることが多く、様々な症状に悩まされる女性がたくさんいます。

 

PMSで一番多いといわれている症状が、腹痛だそうです。生理痛がある人は、ほとんどの場合生理の1週間前から2日前くらいにかけて鈍い腹痛を感じるそうです。これがいわゆるPMSの症状の一つです。
その他にも、頭痛や腰痛、胸の張りなどがあったり、はっきりとして痛みなどは感じなくても倦怠感や無気力になることもあるようです。

 

このような症状が起こると、場合によっては日常生活に支障をきたすこともあります。鎮痛剤がないと生理前を乗り切れなかったり、仕事や家事、育児などに身が入らなかったり、物事がうまくいかなかったときのイライラ感が増したりして、PMS症状が出る女性にとってはとても憂鬱で早く過ぎ去って欲しい時期であると思います。

 

私自身もPMSに悩む女性の一人で、婦人科を受診していますが、具体的な対策としては、経口避妊薬と言われている低容量ピルを服用することが、PMSの症状を緩和させる1番良い方法をして勧められます。ピルというと避妊をするための薬というイメージが強いですが、実はその効果はさまざまで、PMSの症状にも効果がありますし、排卵痛など排卵期の悩みにも処方されるそうです。

 

ピルというのはひとことでいうとホルモン剤で、薬でホルモンの量をコントロールすることで、体に安定した効果をもたらすことができます。飲み始めは頭痛や吐き気などの副作用を伴うことがありますが、近年のピルは低容量化が進んでいて、ほとんど副作用を伴うことなく使用することができます。

ピルを利用することで気になるのが費用ですが、きちんと婦人科へ行き、症状を相談すると保険対象になるピルをお医者さんが処方してくれます。最近ではPMSも一つも病気として扱ってくれる病院が増えていて、ホルモンが関係している生理現象ではありますが、適切に対処してくれます。

 

ではピルを飲むということはずっと服用し続けなくてはならないのかという疑問があります。
結論から言うと、体調も金銭も許すのであれば、ピルを服用するのが確実な方法だそうです。
しかし、ずっと薬を飲み続けなければならない精神的不安や負担があるのも事実です。

 

薬を飲まなくても改善されたり、解消される方法が見つかればいいと思いますが、ホルモンが原因とされている以上なかなか難しいのだと思います。だからといってPMSの症状を我慢することなく、適切に対処や相談をして、上手に付き合っていく方法を自分なりに探していくことが大切だと思います。


PMS対策にサプリメントを選ぶ方が増えています!

生理前のイライラや下腹部痛など女性特有の辛い症状に、人気のPMSサプリメント
ルナベリー めぐルナ



PMSの有効成分が辛い悩みをサポート!商品に自信があるから120日間全額返金保証キャンペーン中
ルナベリーの口コミはこちら



本来誰もが持っているホルモンバランスを整えチェストベリーなど有効成分がPMSの辛さを癒します。
めぐルナ詳細と口コミはこちら