PMSは食事で良くなる?

PMSを少しでも緩和させたいために、食事に気を遣う事はとても良い事です。人間の人体はどのような栄養を摂取したかで、体調変化が如実だからです。

 

意外と丈夫そうに見えても、デリケートなのが、人間なのです。ましてやPMSが起こるということはホルモンに明らかな誤作動があるからです。何かのスイッチが入らなかったり、逆に入ってしまい体調があやふやになっているのです。

 

PMSの時には兎に角イライラする女性が多いのが特徴です。そのせいで、毎月人間関係でトラブルを起こしやすいかもしれませんね。ホルモンの成せる過ちと開き直るのは簡単ですが、気がついたら誰もそばに居なかったという悲劇も起こりえます。

 

PMSを食べ物で対処しよう!

PMSの時のイライラは食べ物で緩和できます。
血糖値が下がると、人はイライラして過食に走るようになります。しかし血糖値を急激にあげるチョコやケーキなどの甘味はその後に再び、血糖値が急降下するので意味がありません。

 

  • 生理前のイライラ

イライラした時には、血糖値を緩やかに上げていく豆類や玄米などが良いでしょう。腸にも良いので玄米はドンドン食べて行きたいですね。

 

  • PMS原因のうつ

PMSでうつ状態になる場合は、交感神経が優位になっているからです。こんな時にカフェインは厳禁です。コーヒーなど飲まないでおきましょう。飲み物なら、麦茶などが良いです。
また不安な気持ちを排除するなら、カルシウムやマグネシウムの入ったものを食べましょう。ナッツ類や海藻など、食べて気持ちを安定させます。

 

  • 生理前の頭痛・腰痛・むくみ

PMSで特に多いのが頭痛や腰痛、そしてむくみです。塩分摂取を控えて利尿作用のある、乾燥豆などを食べましょう。アルコールは頭痛を悪化させてしまいますので、注意です。このような食生活を念頭に、PMSを日々緩和させていきましょう。

 

最後に
毎日口に入るものだからこそ、気を配り大切にしたいものです。ついつい、PMSになると体に悪いものを摂取しようと天邪鬼になる人もいますが、その破滅的な考えは気の迷いだと気づいてください。
美味しいものや魅力のある食べ物は、体に悪いものも多いのです。せめて、生理前のこの時期だけは、食べ物に気を付けてPMSがこれ以上悪くならないようにしてください。

PMS対策にサプリメントを選ぶ方が増えています!

生理前のイライラや下腹部痛など女性特有の辛い症状に、チェストベリーを主としたサプリメントが人気です。