PMSとストレスの関係

PMSとストレスは密接な関係です。女性の体はデリケートなので心的な要因で如何様にも悪化します。ストレスから月経周期が遅くなったり早くなったりすることもザラですので、生理前に体調を崩したとしてもなんら不思議なことはありません。

 

 

ストレスが蓄積すると、脳内伝達物質のセロトニンが分泌低下の憂き目に遭います。
このセロトニンとはリラックスしたときや幸福感を感じる時に分泌されるもので、若返りなどにも関係した福徳あふれるホルモンです。


 

精神状態が悪化するたびにこのセロトニンは欠乏していきます。腸内で作られる別名幸せホルモンは、腸にも影響を及ぼします。便秘や下痢などの症状がストレスによって起こるとセロトニンは腸の中で生成されません。
そうなれば、脳内に血液に乗って移動することなど夢のまた夢です。

 

ストレスは腸内の健康に害を与えるだけでなく、脳の中にあるセロトニンを欠乏させてしまいます。すると益々ネガティブな思いが強くなり、いつまでもストレスは解消されません。

 

生理前の黄体ホルモンが活発化する時には、セロトニンの分泌自体が低下しますので、これはある意味必然でもあります。だからこそ、この時期はストレスをなるべく排して行きたいものです。おとなしく嵐がすぎるのを待つのです。これ以上セロトニンを欠乏させないように、ストレスのない生活を実践するのです。

 

ストレス解消を心がける

個々にその方法や手段は違います。自分にとって一番これがストレス解消だと思えることを、やってみましょう。
思いつかなかなければ、せめて嫌なことを思い出したりしないように、入浴時に良い匂いの入浴剤を使うだとか、瞑想などして「無」の状態を心に描きましょう。

 

最後はこうした精神論になってしまいますが、ストレスが心に端を発する事から、それは致し方ないことです。
心穏やかに過ごすことは雑多な社会構造に生きる女性たちには、難しいことかもしれません。このストレスに翻弄されて、PMSがひどくなる前に、自分なりのストレス脱出方法を体得するしかないのかもしれません。方法は無限大にありますが、取捨選択は自分の役目なのです。

PMS対策にサプリメントを選ぶ方が増えています!

生理前のイライラや下腹部痛など女性特有の辛い症状に、人気のPMSサプリメント
ルナベリー めぐルナ



PMSの有効成分が辛い悩みをサポート!商品に自信があるから120日間全額返金保証キャンペーン中
ルナベリーの口コミはこちら



本来誰もが持っているホルモンバランスを整えチェストベリーなど有効成分がPMSの辛さを癒します。
めぐルナ詳細と口コミはこちら