PMSが原因の睡眠障害

PMSによって引き起こされる睡眠障害を、月経前不眠症と呼ばれます。PMSによる不眠症は1%と多くはありませんが、軽度の睡眠障害ならば数はもっと増えるかもしれません。

 

 

何故、生理前に睡眠障害が起きてくるのかと言いますと、黄体期に黄体ホルモンの分泌が増えると、体温が上がったままになります。睡眠は体温が下がると眠れるようになっていますので、黄体ホルモンのせいで夜中も覚醒している状態で寝苦しいのです。


 

寝たくても眠れないのです。これは夏場は更に酷くなる傾向です。

 

気温も暑いのに、体も火照って眠れないという悪循環が予想されるからです。PMSの時期が過ぎれば、睡眠障害も緩和されますが、PMSの時期は長い人で10日以上続きます。1ヶ月の中で10日も睡眠障害で眠れない日が続けば、自律神経も乱れてしまいます。

 

そのほかのPMSでない時にも、眠れなくなる事があるかもしれません。なんとしても、この状況を打破したいと思うでしょうが、焦れば焦るほど、眠りからは遠ざかるということになります。まずこれだけはしないで欲しいことを言いますと、寝る直前の運動は厳禁です。体温が更に上がるので眠れなくなることに拍車を掛けてしまいます。

 

次に寝酒はやめましょう。寝酒を飲むとよく眠れるという、そんな感覚は捨ててください。睡眠の質が下がります。カフェインはもってのほかですが、紅茶や緑茶にもそのカフェインは含まれます。お茶は落ち着くというのは、日中のことで夜に飲むのは神経を研ぎ澄ませてしまいます。

 

PMSが原因の睡眠障害対策

寝付きをよくするにはぬるめのお湯に長湯して心地よい疲労感を体に与えることです。またモーツアルトは神経を休める効果がありますので、モーツアルトのようなクラシックを聴きながら、眠るのも良いでしょう。
部屋が明るいと神経が休まりませんので、アイマスクを付けて寝るか、部屋を暗くする事も睡眠導入に良い効果があります。例え眠れないと分かっていても布団の中に入るとそれだけで体の筋肉が休まりますので、形から入るのも良いと思います。

PMS対策にサプリメントを選ぶ方が増えています!

生理前のイライラや下腹部痛など女性特有の辛い症状に、人気のPMSサプリメント
ルナベリー めぐルナ



PMSの有効成分が辛い悩みをサポート!商品に自信があるから120日間全額返金保証キャンペーン中
ルナベリーの口コミはこちら



本来誰もが持っているホルモンバランスを整えチェストベリーなど有効成分がPMSの辛さを癒します。
めぐルナ詳細と口コミはこちら