PMS 産後にひどくなってしまった

PMSの症状が、産後酷くなるという人が多いようです。一体どうしてななのでしょうか。PMSは、生理前の3日〜10日前後に精神的に不安定になったり、腹痛や頭痛や吐き気などの症状を起こす人がいます。
女性ホルモンの影響で起こると言われるPMSですが、ストレスなどの影響を受けやすいので、産後生理が再開されるのと赤ちゃんの子育ての多忙さでストレスが増加することにより、悪化するとも言われています。

 

 

生活環境が一気に変化しますので、心も体も疲弊していることが原因かと思われますので、あまりにもキツイ時には低用量ピルを処方してもらってもいいかもしれません。


 

低用量ピルを使用することで、かなり症状が緩和したという話はよく聞かれます。しかし、もし母乳で赤ちゃんを育てていて、断乳前であればこうした薬を使用するのは控えたほうがいいでしょう。赤ちゃんへの副作用のリスクを避けるためです。
漢方薬などは自然の生薬なので、漢方医のいる病院などで、処方してもらうのも副作用がなくていいでしょう。

 

産後に起こるPMSはストレスさえ自分でコントロールできれば、劇的に回復します。赤ちゃんが夜泣きすることで夜間に十分な睡眠が取れないことも、PMSを悪化させている一因です。

 

排卵後から分泌される女性ホルモンは、赤ちゃんを妊娠できるタイミングをゆっくり休んで欲しいために、眠気を起こしたり、だるさを起こしたりします。しかし、赤ちゃんを産んですぐでは、現実的に妊娠などという事は難しいことです。
女性ホルモンは体を休めたいのに、産後では赤ちゃんの世話で夜もおちおち寝てはいられません。
こうした現状と体のバランスが崩れるとPMSがひどくなり続けてしまうのです。

 

産後のPMS対処法は

一番の薬は休息を取ることに他なりません。赤ちゃんが寝たタイミングで、自分も一緒に眠むれるように努力してみましょう。精神を安定させる、ハーブティやアロマなどでリラックスしてみるのも、効果があります。
そんなことで?というような小さなきっかけで、産後のPMSが軽くなりますので、自分なりの休息の方法を模索したいものですね。

PMS対策にサプリメントを選ぶ方が増えています!

生理前のイライラや下腹部痛など女性特有の辛い症状に、チェストベリーを主としたサプリメントが人気です。