生理前にお腹がポッコリ

PMSの症状で顕著なのが、お腹の張りです。そんなに食べてもいないのにお腹がポコッと張ってしまうという人の悩みは暇ないです。このお腹の張りは、運動不足で元々筋肉量の少なかった女性がむくみやすいことに起因しています。

 

血流が悪くなり、生理前になると体だけではなく腸までむくんでしまいます。すると腸の活動が滞るようになり、最後は悪玉菌の温床になって便秘になります。ガスも溜まってしまうのでお腹が張ってパンパンになってしまうのです。


 

また、生理前は子宮と卵巣が膨張することで、腸が圧迫されてしまいます。圧迫されると血流が悪くなり便秘を促進してしまうのです。
PMSで主にお腹の張りに症状が集中している時には、洋服にも気を使いましょう。圧迫感の強い締め付ける服装は益々血行障害を促します。緩めの服装を心がけて、お腹を冷やさないようにしましょう。

 

お腹の体温が低い

夏場でも職場や学校で腹巻などしておくと違います。暑苦しいと思うかもしれませんが、お腹が張っている時の腹部を触ると体温がそこだけヒンヤリしているのに気がつくと思います。
PMSの際には血行障害からお腹が他の部位に比べても体温が低くなりがちです。さらに新陳代謝の悪さから体の水分が抜けずに溜まりやすくなっていますので過剰な水分摂取はよくありません。

 

とくに冷たい水は内臓を冷やします。もし水分を摂取するなら、白湯にしましょう。内臓を温めるので腸のむくみにも効果があります。

 

PMSが原因で便秘になる!?

PMSによる便秘の症状も見逃せません。代謝機能が弱まるので、便が腸の中を滞留したまま、最終的には残留便として腸壁にコベリ付いたままです。

 

本来なら腸の蠕動運動で、便は排出されますが、PMSで自律神経が狂うと、副交感神経が休んでしまうので、便はそのまま出ずに弛緩性便秘のような状態で残ってしまいます。生理前で腹筋に力を入れることも難しいので、益々便秘が悪化するのです。

 

このような便秘の場合は、食物繊維を摂取しながら、規則正しい生活をして生活のバランスを取り戻すしかありません。PMSによるお腹の張りはこのように幾つかのパターンがあります。自分がどのお腹の張りに属しているのかも見極めておきましょう。

PMS対策にサプリメントを選ぶ方が増えています!

生理前のイライラや下腹部痛など女性特有の辛い症状に、人気のPMSサプリメント
ルナベリー めぐルナ



PMSの有効成分が辛い悩みをサポート!商品に自信があるから120日間全額返金保証キャンペーン中
ルナベリーの口コミはこちら



本来誰もが持っているホルモンバランスを整えチェストベリーなど有効成分がPMSの辛さを癒します。
めぐルナ詳細と口コミはこちら