PMSの症状【眠い】

PMSの意外と深刻な症状に、眠気があります。眠いというだけで仕事をしている女性には、仕事の効率が下がり難儀な問題です。また学生なども授業に身が入らないため、能率が下がり成績にも支障をきたします。

 

 

PMSによる過眠症は、じつに女性の43%が経験しているのです。


 

女性ホルモンのプロゲステロンの血中濃度が高まることで、1日の体温のメリハリがなくなります。すると日中までも睡魔が襲ってくるという事になります。このプロゲステロンは、脳で分解するとアロプロゲステロンという物質に変化します。このアロプロゲステロンは睡眠作用を発揮するガンマ・アミノ酪酸を助ける役割をするのです。

 

催眠作用を体が敢えて起こしているのですから、これに抗うのは至難の業でしょう。日中に眠いという症状に陥ると、注意力が散漫になりますし、イライラ感も増長します。弊害は大きいので侮れない問題です。できればゆっくり家で休んで欲しいところですが、そうもいかない時にはどうしたら良いのでしょうか。

 

  • 月経前過眠症

まずはこの症状に「月経前過眠症」という病名があることを認識して自分を責めないということです。

 

自分が怠けものにでもなったようで、不甲斐なく感じるかもしれませんが、PMSの約半数の女性が、眠気による症状を訴えているのです。皆同じような悩みを抱えているのだと思えば、キリキリしなくても済みます。また逆に同じ症状の女性を労われるだけの度量も身に付きます。

 

  • カフェインに注意

ここで控えたいのが眠気覚ましのコーヒーなどの、カフェインです。カフェインは覚醒効果がありますが、興奮作用で情緒不安定になりがちなPMSには、悪い効果を促す心配があります。
思っても見ない事を言ってしまったり、眠さと覚醒の狭間で体調を崩してしまうからです。下手に眠気を排除しようとしても、相手はアロプロゲステロンですから、簡単にはいかないでしょう。寧ろ眠気と付き合うくらいの気持ちでいた方が円滑に行きます。

 

PMSで眠い対処法

規則正しい生活を心がけて、夜に質の良い睡眠を取れるようにしておくと、殊更昼間に眠いという事もなくなります。多少は眠いと思いますが、仕事や勉強に支障をきたすほどではないはずです。
睡眠時間を普段より多めに8時間程取れば、眠い症状は緩和されます。PMSの他の諸症状もあるかと思いますが、ひとつひとつクリアしていきたいものです。

PMS対策にサプリメントを選ぶ方が増えています!

生理前のイライラや下腹部痛など女性特有の辛い症状に、人気のPMSサプリメント
ルナベリー めぐルナ



PMSの有効成分が辛い悩みをサポート!商品に自信があるから120日間全額返金保証キャンペーン中
ルナベリーの口コミはこちら



本来誰もが持っているホルモンバランスを整えチェストベリーなど有効成分がPMSの辛さを癒します。
めぐルナ詳細と口コミはこちら