PMSが原因の倦怠感

PMSによる倦怠感は、重くなると何も手につかないくらい深刻なダメージを生活に与えてしまいます。PMSの症状が出ているときには、いつもの何十倍にも倦怠感が感じられてしまいますね。
常日頃から倦怠感を感じやすい女性は、いざPMSの時期になると、身動きできないほどの倦怠感を感じているようです。
この症状を緩和するためには、自分の体の根本的な体質改善が必要になります。

 

倦怠感の対処法

まずその倦怠感が疲労から来るものであれば、休息を取りましょう。無理をしていると、PMS以外にも病に罹患する可能性があります。
自律神経を正すような食生活や十分な睡眠時間を確保しましょう。PMSの時は、休息を取るのに最適です。

 

 

排卵後の黄体ホルモンが活性化することで体に疲れを感じやすくなっているからです。これは妊娠の可能性がある母体に対して、体が無理をさせないように、仕向けていることなのです。


 

PMSの時にはこうした疲れという形で休息を促しているのですから、その生理現象に逆らうことはしないで休めばいいのです。ここで休息を取れば、PMSが終わり生理が始まっても、更に生理が終わった通常の日々の中でも倦怠感を感じる回数は激減するはずです。または回復していることでしょう。もし気になるようであれば、腰に両手を当ててグルグル骨盤を動かしてみましょう。

 

骨盤の血流が悪くなると、ホルモンの流れが悪くなり骨盤に歪みも生じますので、骨盤を解す体操などを心がけると腰のあたりから上って来るような気持ちの悪い倦怠感が失せていきます。バランスのよい食物摂取も、健全な体を確保するのには大切です。

 

注意!倦怠感?うつ病?

心配なのは倦怠感がうつ病のような精神疾患から来ている場合です。

 

PMSの時期限定の落ち込みや倦怠感であれば、さほど心配はありませんが、常に心も後ろ向きでPMSに悪化するようであれば、婦人科ではなく心療内科を受診してみましょう。同じようなPMS患者も多いので、敷居は低いので安心してください。

 

生理前は特にナーバスになり心だけではなく、体にも倦怠感という形で影響を及ぼす場合がありますから、多角的にその症状を分析することが必要になります。

PMS対策にサプリメントを選ぶ方が増えています!

生理前のイライラや下腹部痛など女性特有の辛い症状に、人気のPMSサプリメント
ルナベリー めぐルナ



PMSの有効成分が辛い悩みをサポート!商品に自信があるから120日間全額返金保証キャンペーン中
ルナベリーの口コミはこちら



本来誰もが持っているホルモンバランスを整えチェストベリーなど有効成分がPMSの辛さを癒します。
めぐルナ詳細と口コミはこちら