PMS いつから?

PMSは排卵日を境とした14日間程、生理前10日から3日前までに起こります。個人差がありますので、大体2週間くらいと考えておけばいいでしょう。PMSの軽いタイプは生理の2〜3日前に、乳房が張って乳首に痛みを感じたり便秘や下痢の症状がある人もいます。

 

 

またPMSは生理中には発症しません。もし生理中に何かしらの体調異変を感じても、それはPMSとは違うという事になります。あくまでも、PMSとは、生理前に起きる現象だと診断基準されています。


 

女性ホルモンのひとつであるプロゲステロンの分泌により引き起こされるPMSはユニ・チャーム調べによると、1位がイライラで64%もあります。次に同列で腹痛と胸が張るが40%です。このPMS期間の2週間前後はどうしても精神的に不安定になりますから、人に対して攻撃的になってはいないかとか、迷惑を掛けていないかというような事を常に自己点検しておきましょう。

 

  • 驚き!PMS症状の種類の数

PMSの症状はじつに150種類以上あるということなので、今はこの症状だけと思っていても、次回は他の症状も併発するかもしれません。生理前10日くらいになったところで、準備を重ねておきましょう。

 

まずは、PMSを軽減させる事が先決なので、自分の現在の心配事などを書き出し、そろそろPMSになるから、この問題に関して冷静になろうと理性的に決意すると、いざPMSを迎えても大ごとに発展しにくいでしょう。
肉体的な問題には漢方やサプリメントなどを、飲んでみたり抗不安剤を処方してもらいPMS特有のうつ状態を乗り切りましょう。

 

生理が始まる10日前になったらなるべく体に負荷を掛けずに、心をリラックスさせて自分ひとりの落ち着いた時間を持つことで、自律神経の中の副交感神経を優位にしたいものです。

 

副交感神経は、心の安定やホルモンの分泌を正常に促す役割があります。しかしこの副交感神経が働くのは、動きのない休息の時間に限定されています。PMS期間はあくせくしないでのんびりした方が自律神経には良いのです。早寝早起きの基本です。また喫煙やアルコールはPMSを悪化させるので控えましょう。

PMS対策にサプリメントを選ぶ方が増えています!

生理前のイライラや下腹部痛など女性特有の辛い症状に、人気のPMSサプリメント
ルナベリー めぐルナ



PMSの有効成分が辛い悩みをサポート!商品に自信があるから120日間全額返金保証キャンペーン中
ルナベリーの口コミはこちら



本来誰もが持っているホルモンバランスを整えチェストベリーなど有効成分がPMSの辛さを癒します。
めぐルナ詳細と口コミはこちら