生理前の吐き気が辛い

生理前になると、吐き気の症状に悩まされる事があります。何故吐き気が起きてくるのでしょうか。この吐き気に作用している物質の正体はプロスタグランジンというものです。

 

 

プロスタグランジンは陣痛の時にも分泌されます。子宮の収縮を促す物質です。経血を迅速に体外に排出させるので、腹部にも痛みを感じやすくなります。これが生理痛なのです。
またプロスタグランジン胃腸の働きにも作用するので、吐き気となって認識されやすいのが特徴です。


 

生理前から活動を開始しますので、生理前に吐き気を感じやすい人が、プロスタグランジンが過剰に活動している可能性が高いです。

 

このプロスタグランジンが生理前から活発化する人はみなある共通点を持っています。それは冷え性ということです。体温を測ってみると、低体温ということはありませんか?体温が低く血行が悪くなると、生理の際に子宮を収縮させて経血を排出する力が弱まります。

 

生理前に生理の準備を始めるにあたり、危機感を持った体が、過剰にプロスタグランジンを作り出し、生理前から備えるのです。プロスタグランジンによって、生理中の子宮収縮を速やかに起こせるように体が敢えて、選択した結果なのです。
とすれば、血流を良くして、腹部を温めることが生理前の吐き気を抑えるのに一番の薬ということになります。また生理中の激しい腹痛や吐き気に悩まされる原因も、同じところにあったという事になります。

 

冷え性改善がカギ!

この忌まわしい吐き気を抑えるには、血行を良くすることが重要になります。入浴の際には、半身浴で血流を良くしてみたり、生姜湯を飲んで体内の温度を上げていくことで、プロスタグランジンが活動しなくてもよくなります。

 

低体温は婦人病全般に悪影響を及ぼすどころか、免疫力の低下を促し、万病の元になりかねません。常に血液が滞らないように配慮した生活をしていきましょう。それは、食生活もそうですし、適度な運動もです。

 

生理前の吐き気で済んでいるうちに、生活改善したいものです。夏でも湯たんぽなどをお腹に置くと、体温が上がりますので吐き気のひどい日には試してみてください。

PMS対策にサプリメントを選ぶ方が増えています!

生理前のイライラや下腹部痛など女性特有の辛い症状に、チェストベリーを主としたサプリメントが人気です。