PMS だるい対処法

PMSの特有の症状のひとつで、多くの女性が体験している【だるい】という症状について考えたいと思います。PMS中は何をしていてもだるくて疲労感が取れないという話はよく聞きます。これはPMSが排卵後から生理前に起こるという点に着目すると理解が早いと思います。

 

 

この時期は妊娠しているかもしれない時期なのです。その心当たりはなくても、体はもしもに備えてその準備に入りますから、母体を守るために動きづらい症状を与えているのです。


 

排卵後に活動を開始するPMSの辛さの根源であるプロゲステロンという黄体ホルモンとは、妊娠を想定して分泌される特殊なホルモンなのです。プロゲステロンは赤ちゃんっを身籠るかもしれない母体に対して正確な仕事を遂行しているだけなのです。
このだるいという忌々しい症状の原因が、他ならぬ自分を守るためであったとすれば、気持ちも少し落ち着くのではないかと思います。例え妊娠していなくとも体の生理現象なのだと割り切ると、ひどいだるさにも前向きに向き合えるのではないでしょうか。

 

  • だるい時の対処法

PMSによる、だるい時の対処法ですがリラックスは大切ですがそのままだるいままの状態で寝てしまうと、寝起きが更にだるいという経験をしたことがある人も多いはずです。こういった、だるさの倍増するような状況を回避するためにも、まずはぬるめのお湯に半身浴などしてみましょう。長い時間を掛けて入浴すると体の倦怠感が取れて副交感神経が優位になります。
また、入浴後は程よい疲れが体に残るので、ハーブティなどを飲んで就寝するとよく眠れます。また、寝起きのだるさも緩和されます。

 

昼寝の場合は本気で寝てしまうと、その後の寝起きが再びだるい・・ということになりかねません。本気で寝てしまうと夜に眠れなくなることにも繋がります。昼間に寝たい場合は、横になる程度で、本を読んだりして脳を使うように努力すると、昼寝を回避できます。

 

仕事をしている場合は、横になることはできませんから、夏場であっても下半身を冷なさないようにして、むくみ防止の加圧ストッキングや健康サンダルなどで、だるさ対策してみてはいかがでしょうか。脚のむくみが取れるだけで、だるい症状も随分改善されます。

PMS対策にサプリメントを選ぶ方が増えています!

生理前のイライラや下腹部痛など女性特有の辛い症状に、人気のPMSサプリメント
ルナベリー めぐルナ



PMSの有効成分が辛い悩みをサポート!商品に自信があるから120日間全額返金保証キャンペーン中
ルナベリーの口コミはこちら



本来誰もが持っているホルモンバランスを整えチェストベリーなど有効成分がPMSの辛さを癒します。
めぐルナ詳細と口コミはこちら