生理前の不快感は、イライラや頭痛など人によって様々。なかには外出できないほど辛い症状で悩んでいる方もいらっしゃいます。
最近ではPMS対策にサプリメントを飲まれる方も増えているんですよ。ただ「どんなサプリメントを選べばよいか分からない」という方のために、口コミの評判がよく、話題で人気のPMSサプリメントを紹介します♪

生理前のイライラにおすすめ PMSサプリメント

2016年2月更新

 ルナベリー 
有用性と安全性の両立を実現!女性に嬉しい成分がたっぷり!

PMSの有用成分【チェストベリー】を40mg配合

チェストベリーとは古くからPMS改善に親しまれたハーブ。最近、CMで流れているゼリア新薬のプレフェミンにも このチェストベリーが配合されています。配合されている量はプレフェミンと同量の40mgがルナリズムにも配合されているんですよ。

9種のハーブと月見草オイル・亜麻仁油が配合

PMSには、腹痛や頭痛など身体的な症状がある場合と、イライラやモヤモヤといったココロの症状に表れる場合があります。ルナベリーはチェストベリーをはじめココロの症状解決に期待できる成分にも厳選して配合されています。

ココが大事!安全性を最優先しています

サプリメントは毎日飲むものですから、安全で安心したものを選びたいですよね。ルナベリーは国内GMP認定工場で生産されています。GMPとは簡単にいうと医薬品を高い品質管理のもと製造できるための基準のこと。ルナベリーは安心安全にこだわったPMSサプリメントです。

 

商品名 ルナベリー

公式サイト https://organic-label.jp/

内容量 1日あたり1粒 約30日分 30粒入
配合成分 チェストベリー・月見草・ブラックコホシュ・ワイルドヤム・レッドクローバー・ピクノジェノール・パッションフラワー・イチョウ葉・亜麻仁油
価格 【とくとくコース】

初回 実質無料 送料の500円のみ
2回目4,400円 → 3,960円 (税込)送料無料 10%OFF
4ヶ月間の継続が条件
ただし!効果を感じられなければ返金保証で4ヶ月分の料金が返金してもらえます。

 

 

 

 

 

 

 

 めぐルナ 
心もカラダも穏やかに和漢洋のチカラ

配合成分のバランスが抜群!

めぐルナの成分にはPMSに良いとされる『チェストベリー』、ぐっすりとした休息に『クワンソウ』、お腹のスムーズに『乳酸菌』、冷えに嬉しい『生姜』、めぐりにや元気に『高麗人参』とこれらの成分を1粒に凝縮したサプリメント。どの成分も女性にとって積極的に摂り入れたいものばかり厳選してバランスよく配合されています。

こだわりの限定素材を使用

昔から長く受け継がれてきた産地の原料にこだわっています。チェストツリーはヨーロッパ産を使用していますし、高麗人参は韓国、生姜は沖縄産と厳選した素材を使用しています。

添加物の使用は一切なし

めぐルナには余分な添加物が配合されていないので、毎日安心してサプリメントを飲むことができます。また、厳しい基準のもとで製造されているので安全性にも優れていることも人気のポイントです。

 

商品名 めぐルナ

公式サイト http://cocolala.jp/

内容量 1日あたり1〜2粒 約30日分 31粒入
配合成分 チェストベリー・クワンソウ・乳酸菌・生姜・高麗人参
価格 【定期コース特別価格】

通常 5,200円(税込)→ 3,980円(税込)送料無料 23%OFF
2回目 3,980円(税込)送料無料 23%OFF
※3ヶ月間の継続が条件

 

 

 

 

 

 

 

 女性のミカタ
症状の悩みに合わせて選ぶことができるサプリメント

症状に特化したアプローチがポイント

女性のミカタには【すこやか編】と【やすらぎ編】の2種類あります。すこやか編は、チェストツリー配合サプリで体の悩みが辛い方に。やすらぎ編は、月見草オイル配合サプリでココロの悩みが辛い方に。それぞれ症状に合わせて選ぶことができる嬉しいサプリメントです。

エイジングケア成分をプラス!美肌にも♪

女性のミカタにはビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12が配合されています。PMSにもちろん、エイジングケア効果・エネルギー代謝アップ・神経細胞の機能維持などの効果に働きます。

さらなる安全で安心の品質

女性のミカタは、衛生管理を徹底したGMP認定工場で製造されています。そして、さらなる安心で続けられるために第三者機関で検査をおこなっています。安心と安全にこだわっているから信頼して飲むことができますね。

 

商品名 女性のミカタ

公式サイト http://www.arco-shop.jp/

内容量 1日あたり2粒 約30日分 60粒入
配合成分 【すこやか編】

チェストツリー・メリロート・ウラジロガシ・ヒハツ・ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンB12
【やすらぎ編】
月見草オイル・ラフマ・大豆イソフラボン・ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンB12

価格 【今回のみのご注文】

通常1,980円(税込)送料200円

 

【定期コース特別価格】
通常 2,180円(税込)→ 980円(税込)送料無料 50%OFF
2回目 2,180円1,782円(税込)送料無料 10%OFF

 

 


PMS(月経前症候群)と女性ホルモン

女性で生理がある人であれば誰しも生理前に鬱な気分になったり、頭が痛くなってしまったり、腹痛がしたりと、生理が来る前になると、体や心に不快な症状が表れた経験がある事でしょう。
そのような心や体の不快な症状は月経前症候群と呼ばれる物で、PMSと言う呼び名で呼ばれています。

 

 

PMSは、大抵同じような時期から始まり、生理が始まると共に、症状が治まると言う人が多いかと思います。妊娠や出産を経験した女性の方が、ひどいPMSになりやすいようです。


女性ホルモンとPMSは非常に深いつながりがあり、女性ホルモンが乱れていると、PMSの症状がひどく出てしまう事もありますから、日頃から女性ホルモンが乱れないように生活を送ることが大切です。

 

とはいっても、普通に生活をしているだけでは、女性ホルモンは乱れやすく、ストレスや睡眠不足、食生活や、運動不足など、様々な要因によって、女性ホルモンは乱れてしまいがちです。そのような女性ホルモンの乱れを改善する方法として、PMSサプリを服用するという方法があります。

 

PMS対策にサプリを選ぶ

PMSサプリは、ハーブやイソフラボンなど、天然の物から採取された、女性ホルモンの乱れを改善することができるサプリメントとなっていますから、女性ホルモンが乱れがちの人や、PMSの症状がひどい人には非常に効果が高いサプリメントとなっています。

 

天然成分で作られている物が多いため、若い世代でも服用しやすいですし、副作用となる物ではありません。価格も非常に手軽となりますし、毎日継続する物ばかりではなく、生理の何日か前に服用すれば、PMSの症状を和らげることができるような物もあります。

 

様々な製品がありますし、国内の製品だけではなく、海外の製品など、幅広いPMSサプリメントがありますから、価格や安全性、効果など、様々な観点からサプリメントを比較し、自分に合っているサプリメント選びをしましょう。
中には体質に合わないと感じるようなサプリメントもあるかもしれませんから、まずは試しに、少量から服用を開始し、異常がなければ、記載されている用量で摂取を開始すると良いでしょう。

不快なPMS(月経前症候群)の症状と緩和の方法

女性に毎月訪れる生理。
生理中は、下腹部痛や腰痛などに悩まれる方も多いと思いますが、中には生理前から様々な不快な症状が出ている人も結構多いことが分かっています。そのような生理前に起こる症状をPMS(月経前症候群)と呼ばれていますが、具体的にはどのような症状のことをいうのでしょうか。
当てはまる場合、PMSの可能性が高いです。

PMSの症状
  • イライラや不安感といった精神的な症状

何に対してもイライラしてしまう、何かと不安、または鬱に近い状態となり、外出するのも億劫になるケースがあります。
これらが生理1週間ほど前から現れている場合、PMSである可能性があります。生理前の女性ホルモンの関係で、神経伝達に必要な物質の量や働きに何らかの異常が起こることで症状が出ると言われています。

 

  • 下腹部痛、腰痛、頭痛、めまい、肩こりといった身体的症状

これらは、痛みを起こすので、症状を感じやすいと思います。
この症状に関しても、黄体ホルモンが身体に影響している可能性が強く、生理時の状態と同様な症状を、生理前から感じ始めます。中には、生理痛とまったく同じような症状と訴える人も多いのですが、PMSの場合、生理開始と共に症状が軽減されていくのが特徴です。

 

こういった心身ともに影響が出るPMSの特徴を緩和する方法はないのでしょうか。改善策として、良いと言われている情報をまとめてみます。

PMS改善策
  • 規則正しい生活と質の良い睡眠

現代は不規則な生活をする人が多く、それによってホルモンのバランスを崩す傾向があります。規則正しい生活を心掛けることで、心身ともに安定し、質の良い睡眠がとれるようになります。
特にPMSの症状が出ているときに、この方法をとることはかなり効果的とみられています。

 

  • 軽い運動を心掛ける

激しい運動は生理前のつらい症状の際にはきついものでしょう。
しかしウォーキングや軽いジョギング程度の運動は、リラックス効果も期待され、また身体の代謝もよくなることから、PMSの緩和の効果が得られます。また、それらを集中して行うことによって、意識が運動へとうつるので、意識的にPMSの症状を忘れることが出来るといった面でも効果的です。

 

  • 鉄分、亜鉛を意識的に摂取する

女性は生理によって鉄分や亜鉛が不足し、これによって緊張感や不安感といった症状、また貧血になることもあります。鉄や亜鉛は、食事で補うにはどうしても不足しがちなので、サプリなどで補うことも効果的です。
神経が過敏になったり、緊張状態が続くと、消耗していく成分です。手軽に購入できるので、一度試してみると実感できるかもしれません。

 

■終わりに
このような対策をしても尚、症状が続き不快な状態が治まらないようであれば、一度病院へ相談してみるのも良いでしょう。
PMSに関しては、現在8割の女性が経験していると言われています。症状を落ち着かせるための薬や漢方などもあるので、あまりひどい時は一度受診してみるといいでしょう。